新築売りアパートや収益物件のことなら

トピックス

緊急事態宣言の賃貸への影響

2021/02/09

緊急事態宣言が発令され、飲食店が20時までの時短になったり、休業を余儀なくされた店舗が増えてきました。

今後、緊急事態宣言が解除されても一旦休業した店舗を再開させるには時間がかかるでしょう。

 

このような中で、賃貸においては学生や若い人の働き場所がなくなったため、地方に帰ったり帰国したり、賃貸の仲介会社や管理会社に相当の影響が出ております。

 

 家主様におかれましても、こんなに家賃を下げなければいけないのかと思われるほど思い切った値下げをしなければままならない時期になっています。

大手不動産会社も賃貸物件を決めるために、仲介会社に家賃の2か月から3か月更には5か月を支払ってでも決めようとする業者がたくさん出てきています。

 

このような状況を良くご理解いただいたうえで、現状の家賃相場についてもご協力のほどをお願い申し上げます。

 

 

一覧ページへ戻る