新築売りアパートや収益物件のことなら

トピックス

融資しやすいアパート

2019/04/27

 初めての10連休ということで、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 帝国データバンクの資料によりますと、

レオパレス21はリーマンショック後に一時期、入居率が7割台にまで落ち込んだことがあり、

その時オーナー様に対する家賃保証料の減額を行った経緯があります。

今回の不祥事では、減額を行わない方針だということですが、実際はどうなることでしょうか。

 

 幸い、ハウジングバンクグループの管理会社に関しては、

4月27日現在、空室が16件と3月の一桁代よりは若干多くなったものの、驚異的な数字を出しております。

 

銀行の方たちも、この数字を提示すると他社では絶対にありえないとびっくりなさいます。

 

このように、弊社の販売するアパートは入居率では群を抜くため、アパートの売れ行きも好調です。

やはり、アパートの価値は入居率で決まると言えるでしょう。

また、入居率が良いからこそ、弊社のアパートは金融機関から見て融資をしやすいと言えるでしょう。

 

これからも、皆様の財産形成のお手伝いをさせて頂きたいと考えておりますので、宜しくお願い致します。

一覧ページへ戻る